補助金の公募は国や都道府県市町村、その他団体により実施されています。公募期間内に
申請をし、審査の結果採択されますと、対象事業の完了後報告後に補助金を受給すること
ができます。基本的には返還の必要はありません。
新事業の開始、設備導入、販路開拓への取り組み、目的に合わせ補助金を選択します。補
助金を利用し事業を行うことが出来るたけではなく、申請書類の作成を通し事業計画を見
直すきっかけにもなります。事業主様の成長にとっても有益です。
しかしたくさんの補助金がある中から要件が適合するものを選び出し、限られた公募期間

内に多くの書類を揃え申請することは、経営や通常業務を行いながらでは難しく、残念な
がらそれを活用できてる事業主様は少ないのが現状です。
当事務所では、スムーズに申請が進むようサポートいたします。また事業計画や補助事業
についてもコンサルティングをいたします。
省エネ、再エネ補助金、太陽光発電設備導入の為の補助金にも対応しております。

発注を行う以前にご相談ください。発注後では補助金の利用を検討していても支給の対象外となってしまいます(一部例外あり)